Profile

     野口 道子  Michiko Noguchi  



4歳よりピアノを、12歳よりマリンバを習い始める。
マリンバを井上典子氏、高橋美智子氏に師事。
武蔵野音楽大学卒業、同大学院終了。
卒業時、卒業演奏会、新人演奏会に出演。 また、最優秀生として皇居桃華楽堂における新人演奏会にも出演。

在学中より東京のオーケストラに鍵盤打楽器奏者として出演。
大学院在学中に文化庁助成日本音楽集団のヨーロッパ7ヶ国公演に参加。
並びに「シュテルン室内アンサンブル」のメンバーとして全国で演奏活動。
大学院在学中に吉川雅夫、卜部茂子氏と共に東京マリンバ・トリオを結成し、 全国で数十回に及ぶリサイタルやコンサートを開催。

TV「題名のない音楽会」、NHK「FMコンサート」、NHK教育番組などに多数ゲスト出演。
テレビの音楽番組のレギュラー奏者を20年近く務める。
オーチャードホールにて東京フィルハーモニー と共演。
2003年、招聘されアメリカに演奏旅行。 トリオ、デュオのコンサートに出演。
その後トリオを退団。吉川雅夫氏とデュオを中心に活動。2002年よりリサイタルを4年連続開催。2006年までパートナーを務めた。
日本木琴協会特別会員。

共同音楽出版社より

「マリンバ・パートナー」シリーズ
「マリンバ・デュオ」シリーズ
「マリンバ・フェバリッツ」シリーズ
「マリンバ・アンサンブル」シリーズ
「ジョイフル・メロディー」シリーズ
「バイオリン・パートナー」シリーズ
「フルート・パートナー」シリーズ

を執筆、現在発売中。


ビクターより東京マリンバ・トリオのCD「シャレ−ド」( ビクター VICC-139 )をリリース。

2009年10月 佐々木達夫氏との2台のマリンバによるCD The "Marimba-Duo"「Riverdance」を アメリカHERICON RECORDS,LTDよりリリース。

2011年12月 佐々木達夫氏との2台のマリンバによるCD The "Marimba-Duo"「Tempest(嵐)」を アメリカHERICON RECORDS,LTDよりリリース。